流行りの顔脱毛の利点と難点について

最近流行しているのが、「顔の脱毛」です。
体の中で最も人に見られる部位なので、「できるだけキレイにしておきたい」と思うのは当然です。そのために、顔脱毛をやってみたいと思っている女性も多いでしょうが、その前にどのような利点と難点があるのかを知っておく必要があります。

まず、利点について。
一つ目は、「自己処理の回数を減らせる」。
上述のように、顔はその人の印象を左右する部位です。女性でも、眉間や鼻の下などに産毛が生えていることは少なくありませんが、毎日処理するというのはけっこう負担になります。しかし、顔脱毛を行うことで、処理する回数を大幅に減らすことができます。

二つ目は、「化粧崩れしにくくなる」。
顔の産毛が多いと、汗や皮脂などがそこに付着したままになります。そのままで化粧をすると、ファンデーションなどが付きにくくなり、化粧崩れしやすくなってしまいます。
しかし、顔脱毛をすれば、化粧品が肌に付きやすくなるので、ノリもよくなります。結果的に、化粧崩れしにくくなるので、化粧直しの手間から解放されます。

三つ目は、「肌の色が明るく見えるようになる」。
実は、顔脱毛をすると、肌は1トーンほど明るくなるといわれています。産毛は薄いので、さして肌の色には影響がなさそうに思えますが、そうではありません。

薄い毛であっても、量が多ければ、肌の色は実際よりもくすんだ感じに見えてしまうのです。キレイな肌であっても、そのように見えてしまっては、非常にもったいないといえます。
ですから、肌の色が気になる人は、特に顔脱毛がおすすめといえます。

四つ目は、「毛穴が目立たなくなる」。
顔の産毛に限ったことではありませんが、自己処理を何度も行っていると、皮膚や毛穴にダメージが蓄積されて行きます。その結果、黒ずみやすくなるので、毛穴も目立ってしまうようになります。

しかし、顔脱毛をすれば自己処理の回数を減らせるので、皮膚や毛穴へのダメージも最小限に抑えることができます。それにより、毛穴も目立ちにくくすることができるのです。

五つ目は、「肌のトラブルが発生しにくくなる」。
顔の産毛には、皮脂などが付きやすいということは上述しました。それらが蓄積されると、ニキビなど肌のトラブルが発生する要因となります。

しかし、顔脱毛で産毛を除去すれば、皮脂なども付きにくくなるので、肌のトラブルも発生しにくくなるのです。
このように多くの利点がありますが、次は難点を見て行きます。

一つ目は、「痛みを感じることがある」。
痛みを感じるというのは、顔以外の脱毛でも起こりうることです。しかし、顔の皮膚というのは薄いので、他の部位よりも痛みを感じやすいという特性があるのです。

二つ目は、「毛嚢炎になることがある」。
「毛嚢炎」とは、皮膚に小さな赤い物ができる症状を指します。ニキビのように見えますが、似て非なる物です。これは、脱毛処理をする際の刺激が主な原因です。

施術でダメージを受けた毛穴に雑菌が付くことで、発生してしまうのです。ですから、施術後は、なるべく肌を清潔に保つようにしましょう。

三つ目は、「産毛が変質するおそれがある」。
施術することで、産毛の「多毛化」が起きることがあります。これは、脱毛した所の毛が、従前より濃くなったり、太くなったりする現象のことです。

また、従前は毛がなかった所から生えて来るということもあります。原因ははっきりしていませんが、レーザーなどの刺激で、毛を作る細胞が活発になる体と考えられています。

四つ目は、「紫外線によるダメージを防ぎにくくなる」。
顔の産毛には、実は「紫外線から肌を守る」という役割があります。
それがなくなるということは、紫外線のダメージを受けやすくなるということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする